平成11年に高知県が全国の一級河川及び支流を対象とした沈下橋保存に関する調査(回収率100%)を行ないました。その結果、410の沈下橋が現存し、高知県以外では、三重・徳島・大分・宮崎県に多くあることが分かりました。また、その呼び名は、潜水橋が最も多く、もぐり橋が続き、潜没橋や潜流橋、沈み橋という県もありました。同時に行なった調査で保全の動きや保全計画は、他府県ではなく、沈下橋は徐々に撤去の方向にあります。

四万十川の本流に架かっている沈下橋のうち、窪川町の一斗俵沈下橋と十和村の里川橋を除いたすべての橋が昭和30年代以降に架設されています。それは高度経済成長期に入り、流域の交通手段が筏・センバ舟・高瀬舟などから、車・トラックに変わったことが大きく影響しています。四万十川に沈下橋が多く見られるのは、通行量を鑑み、建設費を低く抑えることが目的であったとも考えられます。橋脚が低く、欄干がなく橋長も短くてすむからです。沈下橋は、自然と調和した構造物として、四万十川の魅力を形づくっている重要なもので、生活文化遺産として原則、保存することとしています。

大水の時には水面下に沈む欄干のない橋“沈下橋”。水面までの距離が短く、その橋の上に立てば水の様子がつぶさに見て取れます。沈下橋は集落と集落をつなぐ生活道として、憩いの場として、また夏場には子供達の遊び場として、流域の人々の生活に無くてはならないものであり、その自然と調和した構造物は、四万十川の景観を彩る重要な構成要素の一つです。

四万十川流域では沈下橋(チンカバシ)と呼ばれるこの橋は、潜水橋・もぐり橋・沈み橋などと呼ぶ地域もあり、1999年高知県の調査によれば、全国の一級河川とその支流の合計410カ所に存在し、そしてそのうちのなんと60以上が、四万十川流域にあるのです。ではなぜ、四万十川には沈下橋が多いのでしょうか?

四万十川が流れる高知県西部は、毎年のように台風が襲来し度重なる水害に遭ってきました。このようななか建設された橋は、増水時には橋が水面下に没して流木などが引っかからぬように考えられ、またその形状故に建設費も比較的低く抑えられるということで、多くは昭和30年以降の日本の高度経済成長期に架けられました。その後、いくつかの沈下橋は取り壊されたり抜水橋などに取って代わられるのですが、高知県では1998年7月、沈下橋が生活・文化・景観・親水等の観点から重要な役割を担っていると考え、「防災上、維持管理上支障のない沈下橋は保存を基本とし、生活道に加え生活文化遺産として後世に引き継ぐ」とした四万十川沈下橋保存方針を策定し、四万十川の沈下橋は、重点的に保存・維持管理の方針がとられることとなりました。この「四万十川沈下橋保存方針」の対象となる橋は、四万十川にある60余りの沈下橋のうち、市町の道路・農道・林道台帳に記載され管理者がはっきりしているもので、本流に22橋、支流に26橋の合計48橋です。

個々の沈下橋について知りたい方は、下記PDFデータをご覧ください。

沈下橋データ調査票PDF(2.45MB)

沈下橋名 架橋年度  
一斗俵沈下橋 昭和10年 一斗俵沈下橋:いっとひょうちんかばし
木屋ヶ内橋 昭和28年 木屋ヶ内橋:きやがうちばし(沈下橋)
里川橋 昭和29年 里川橋:さとかわばし(沈下橋)
屋内大橋 昭和30年 屋内大橋:やないおおはし(通称:口屋内沈下橋)
中平沈下橋 昭和31年 通称:中平沈下橋:なかひらちんかばし
上宮橋 昭和32年 上宮橋:じょうぐうばし(沈下橋)
小崎沈下橋 昭和32年 小崎沈下橋:こざきちんかばし
ナロノ橋 昭和32年 ナロノ橋(沈下橋)
一ノ瀬橋 昭和33年 一ノ瀬橋:いちのせばし(沈下橋)
勝間橋 昭和34年 勝間橋:かつまばし(通称:鵜ノ江沈下橋:うのえちんかばし)
中古屋橋 昭和34年 中古屋橋:なかこやばし(沈下橋)
小津賀橋 昭和34年 小津賀橋:こつがばし(沈下橋)
半家橋 昭和35年 半家橋:はげばし(沈下橋)
長生沈下橋 昭和35年 長生沈下橋:ながおいちんかばし
川角橋 昭和35年 川角橋:かわづのばし(沈下橋)
沖下沈下橋 昭和35年 沖下沈下橋:おきしたちんかばし(通称:上深田沈下橋:かみふかたちんかばし)
タニガミ橋 昭和36年 タニガミ橋(通称:留ヶ奈路沈下橋:とめがなろちんかばし)
三里橋 昭和38年 三里橋:みさとばし(通称:深木沈下橋:ふかきちんかばし)
向山橋 昭和38年 向山橋:むかいやまばし(通称:上岡沈下橋)
向弘瀬橋 昭和38年 向弘瀬橋:むかいひろせばし(沈下橋)
長野橋 昭和39年 長野橋(沈下橋)
久万秋橋 昭和39年 久万秋橋:くまあきばし(沈下橋)
寺野橋 昭和39年 寺野橋:てらのばし(沈下橋)
若井沈下橋 昭和40年 若井沈下橋:わかいちんかばし
高樋橋 昭和40年 高樋橋:たかひばし(通称:大股沈下橋)
清水大橋 昭和40年 清水大橋(沈下橋)
金刀比羅橋 昭和40年 金刀比羅橋:こんぴらばし(沈下橋)
岩間大橋 昭和41年 岩間大橋:いわまおおはし(沈下橋)
第一三島橋 昭和41年 第一三島橋:だいいちみしまばし(沈下橋)
上長瀬橋 昭和41年 上長瀬橋:かみながせばし(沈下橋)
第二三島橋 昭和42年 第二三島橋:だいにみしまばし(沈下橋)
白王橋 昭和42年 白王橋:しらおうばし(通称:松ヶ谷沈下橋まつがたにちんかばし)
新谷橋 昭和45年 新谷橋:しんたにばし(通称:芽吹手沈下橋:かやぶくてちんかばし)
大平橋 昭和45年 大平橋:おおひらばし(沈下橋)
今成橋 昭和46年 今成橋:いまなりばし(通称:佐田沈下橋)
高瀬橋 昭和48年 高瀬橋:たかせばし(沈下橋)
石藪橋 昭和48年 石藪橋:いしやぶばし(沈下橋)
仲間橋 昭和48年 仲間橋:なかいだばし(沈下橋)
下津賀橋 昭和48年 下津賀橋:しもつがばし(沈下橋)
新道橋 昭和50年 新道橋:しんみちばし(沈下橋)
中半家橋 昭和51年 中半家橋:なかはげばし(沈下橋)
竹の藪沈下橋 昭和54年 通称:竹の藪沈下橋:たけのやぶちんかばし
仲久保沈下橋 昭和58年 通称:仲久保沈下橋:なかくぼちんかばし
  平成10年7月 四万十川沈下橋保存方針」及び「四万十川ルール」策定