4月1日より四万十川財団に新しい職員が入りました。

自己紹介をどうぞ!

初めまして、こんにちは。

この度、四万十川財団に入社いたしました、丸石あいみと申します。

まるちゃんと気軽に呼んでください。

左:羽方さん 中央:丸石 右:神田局長 (撮影:中野さん)

私は、広島県廿日市市出身です。宮島の近くです。

大学から憧れの北海道へ行き、濃くて楽しい毎日を過ごしました。本当に成長させてもらった4年間でした。その中で、「水産」という分野に出会い、仕事もその方面に進もうと決めました。

最初に入社したのは、東京の六次産業化で有名な飲食会社です。1年ほど居酒屋で揉まれ・・・。いろいろありまして転職を機に高知県へやってきました。

高知では、四万十市の地域おこし協力隊として西土佐にある「鮎市場」で商品開発や伝統漁法、情報発信、営業などの仕事をさせてもらいました。

鮎市場のみんなと!

非常に楽しく面白くやりがいのある仕事でした。西土佐の皆さんには本当に感謝しています。

2年弱ですが、四万十川の魅力を一心に学んだような気がします。まだまだ奥が深くこれからが楽しみです。

まだ、四万十川財団5日目のひよっこですが、挨拶周りで多種多様な方々に出会い、この仕事の幅広さと奥行きを早くも実感しつつあります・・・・。

四万十川とそれにかかわる人たちのために、地に足をつけて泥臭く頑張っていきたいと思います。

ご迷惑をかけることが多いと思いますが、温かい目でご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

令和2年4月7日

丸石あいみ