四万十町窪川B&G海洋センター主催の「海ごみゼロ・クリーンフェスティバル」に私たち四万十川財団スタッフも参加してきました。当日は、窪川スポーツクラブの関係者のほか、町の地域おこし協力隊のみなさん他、多くの皆さんが参加し、野地の河原から家地川の堰堤まで、カヤックやSUPで四万十川のごみを拾いました。

川岸には野ばらが多く自生していて、その棘にビニールが引っかかっています。刺さって痛いので、取るのも一苦労です。

約二時間の作業でしたが、マルチビニールや肥料袋、それとペットボトルや洗剤の容器などが目立ちました。流そうと思って流しているのではないと思いますが、気を付けたいものです。

窪川B&G海洋センター の皆さん、参加者の皆さん、お疲れさまでした。


PDF