今回の森林インストラクター養成講座は「林業の現場で学ぶ」回です。講師は㈱森と匠きんごろう の山本速水さんです。

大豊町の道の駅大杉で集合して、㈱森と匠きんごろう さんの山林へ行き、まずは皆伐跡地を見ました。

プロセッサを使っています。構造を見ると、よくできた機械だなと思います。

そこから選木表示林(伐採予定地)を見て、

西日本豪雨で作業道が流失してしまった現場へ。

ここからカタツムリ山荘に移動して、植林から育林の話と昼食。

ここで面白かったのが、植林の適地は人間が選ぶんではなくて植物が選ぶんだということ。杉は不適地に植えるから花粉が増えるんだというお話でした。

午後からは今年8月に完成したばかりの大豊木材共販書に移動して、材の流通について学びました。

講座終了後、せっかく大豊まで行ったので、杉の大杉へお参りしました。日本一の大杉です。

ちょうどしめ縄祭りを終えた後で、まだ地区の方と神主さんが神事をしていました。

美空ひばりさんがここへ来てから国民的スターへと駆け上っていったというパワースポット。皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか。


PDF