今日は四万十市立中村小学校へ森林環境学習のお手伝いに行ってきました。

中村小学校5年生は、社会の授業で林業について学んでいて、ここまで、畠山重篤さん(四万十川大使)の「森は海の恋人」の活動や、森を守る仕事について学んできました。次に実際林業に携わっている人の話を聞いてみたいという依頼が四万十川財団にあって、夫婦で自伐型林業を営んでいる谷吉勇太さん(四万十リバーマスター)に講師をお願いしました。

はじめに、林業の道具を学んでもらいました。刃物もあるので、そこは十分に気を付けて。

たくさんの林業道具に触れて楽しそうな子供たち。
実際に林業用のチェーンソーパンツもはかせてもらって嬉しそうでした。将来は樵かな?

チェーンソーの実演もしてもらいました。

それから、自分たちでものこぎりで丸太切りに挑戦!杉と檜の堅さの違いも体験してもらいました。

林業ってすごい。森林って良いなって思ってくれたら最高です。

中村小学校の皆さん、また一緒に勉強しましょうね。


PDF