アカザ:アカザ科Liobagrus reinii:全長10cm

宮城・秋田両県以南の本州、四国、九州。渓流から中流域にかけて見られ、転石の下などに潜んでいる。環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類

背びれと胸びれに棘があり刺さると痛いことから、四万十川流域では「オコゼ」と呼ぶ人も多い。清流を好むので全国的に減っているが、四万十川では上流から下流域の中村までごく普通に見られる。エビ筒に餌としてドッグフードなどを入れておくとアカザが一緒に入っていることも多い。

小さいが食べてみると意外と美味だという。棘に注意してお試しあれ。

保存